短い時間でもとても重要な面接での会社との相性

新卒の時も転職の時も感じたことです。自分の中で受ける会社を志望した理由がしっかりと定まっていない場合、面接の時に面接官と話が噛み合わずその場をどう乗り切るか、終わったあとの無念さをいつも感じていました。

新卒の就職活動の際はまだ自分がどういう仕事をしていきたいかという考えが曖昧だったので、なんとなく受けてみるということが多かったです。その状態で面接を受けて上手くいかないと、面接自体が怖くなってしまったり、余計に自分はどうしていきたいのかがわからなくなったりしていました。

私の場合は結果的に面接官の方と話が弾んで楽しい面接だったと思えた会社に就職することが出来ました。上手くいかない時は精神的に焦りや苛立ちが多く、たった1度の面接で自分の何がわかるんだ、と思ってしまうこともありました。どれだけ自己分析をすればいいのか不安でした。だけどたくさんの人と面接をしている会社の人事担当の方にはきっと短い時間でも「この人に来て欲しい」と相性がいいか悪いかわかるんでしょうね。