正社員として転職したい

正社員から正社員として転職をするのと、非正規雇用から正社員として転職をしたいというのは難しい部分があります。では、非正規雇用から正社員へと転職をスムーズに行うためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず一つの方法としては、紹介予定派遣を活用するという方法があります。この紹介予定派遣というのは、派遣会社と当初は契約をして派遣社員として企業で働きますが、将来的には正社員として働くことを想定したものになります。紹介予定派遣はまずは試しに派遣として働き、雇用側と就労側がどちらも雇いたい、働きたいというニーズがマッチしたら、正社員として働くことを前提としているものです。

派遣という非正規雇用の状態であっても、雇用者が分かれ見てこの人に仕事をしてもらいたいと思われれば、将来的に正社員として働くことが出来るというものになりますので、非正規雇用から正社員になりやすい就労形態ということができます。また、この紹介予定派遣は未経験分野への転職でもとても利便性があります。

自分にとってその分野が本当に働きたい分野なのかどうかは一度働てみないとわからない部分があります。もし働いてみて合っていると思えば正社員として転職すればよいですし、合わないと思ったらまた別の分野にチャレンジしやすい方法です。