転職理由の上位にある残業の多さについて

転職を決断する理由は人によって違いますが、中でも大きなものが、残業時間が長いことがあるようです。来る日も来る日も残業ばかりでは、体を壊してしまいのすし、会社に行く時間と、自分の時間の両立ができません。休む間もなく働き続けるような暮らし方をしていると、仕事が苦痛になって、転職しないと体がもたなくなってしまいます。仕事をしていく中では多少の残業によって、業務の成果や目的を当日のうちに収めることは必要なことです。会社のために残業することは、社会人としてある程度は心構えとして持っておくべきことでもあります。会社で働いている以上は、たとえ定時になったとしても、目の前の仕事が終わらなければ、帰れないという人もあります。

しかし、あまりにも連日残業ばかりしなければいけなくなっていると、心身が疲れ果ててしまいます。しなければならないことはたくさんあって、けれど人手が足りないという状況が続くと、休日出勤と、深夜残業ばかりになって、仕事が追いつかなくなります。残業と休日出勤で休む間もないという人は、仕事を変えることでこの状況を打破したいと考えるものです。会社によっては残業をしても給料内に含まれると言ったみなし残業や、年俸制を採用していて全く残業手当が発生しないという場合もあります。働いた時間よりも本人が納得する給料に達していないことから、転職を考える方も多いようです。転職活動を続けている人の中でも大勢の人が、理由の一つに残業が多い割に給料が伸びないことを挙げています。
http://gailwade.net